2008年05月10日

四年来の相棒

今日は、個人的に大好きなフリーのソフトシンセ(VSTi)
Synth1で久しぶりに遊びました。

DTMを始めた直後から使っていて、どのシンセよりも付き合いが長い。
俺にとって相棒のようなものでした。
実は組曲『ニコニコ動画』でも活躍してるんだけど、
流星群の製作を始める頃にはすっかりお蔵入りしていました。
すっかり存在を忘れてしまったくらいです。

なんでまた唐突に彼をいじることになったのかというと
ある人にSynth1の良さを知ってもらうため。
ニヤニヤしながらフィルターまわりを適当にいじりました。



正直なところ高音の抜けというかきらびやかさが無く、音がこもってしまう。
でもそれがなんだか暖かい気がしてならないのです。
久しぶりに触れてみて再確認、とても魅力的なシンセです。
フリーのソフトシンセの中でも一押し!

過去に俺が書いた「slm -forever-」って曲を、皆さん覚えてるでしょうか。
あの曲は、パーカッションも含めて
ほぼ100%の音がSynth1で出来ています。


感傷的にこういうことを語りたくなったのがあまりにも久しぶりだったもんだから、
書かずにはいられなかった!
posted by しも at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | DTM
この記事へのコメント
僕もSynth1は好きですね、使いやすい上に好みな音で、よく活用してます。いつも左右にSynth1同士、Lead系で対立させて奏でさせるのが楽しいです。
Posted by at 2008年09月18日 20:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14819524

この記事へのトラックバック